Google

2005年05月22日

Auto Clicker

確認等のダイアログでどれ押すか決まってるアプリを指定して勝手に押してくれるアプリ。
結構使えます。
私はWME、unitemovie、noarで使ってます…かなりマニアックなソフト群な気がする。。。

窓の杜掲載文(=http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/05/20/autoclicker.html)より。
NEWS (05/05/20 13:50)

--------------------------------------------------------------------------------

指定ダイアログのボタンを自動でクリックできる「Auto Clicker」
確認する必要のないダイアログを自動で閉じられて便利

「Auto Clicker」vβ
 指定ダイアログの出現時にボタンを自動でクリックできるタスクトレイ常駐型ソフト「Auto Clicker」vβが、15日に公開された。Windows 98以降に対応するフリーソフトで、編集部にてWindows 2000で動作を確認した。現在作者のホームページからダウンロードできる。

 「Auto Clicker」は、タスクトレイに常駐してデスクトップを監視し、指定しておいたダイアログの出現時にあらかじめ指定したボタンを自動でクリックできるソフト。確認する必要のないダイアログの[OK]ボタンなどを登録しておけば、手動でボタンをクリックしてダイアログを閉る手間を省けて便利。

 自動クリックするダイアログとボタンを登録するには、タスクトレイアイコンのクリックで表示されるメニューからボタン登録画面を開き、登録画面右下の十字型アイコンを登録したいダイアログのボタンにドラッグ&ドロップすればよい。ボタン登録時にダイアログのタイトルバー文字列なども自動で登録できる仕組み。自動クリックするボタンは複数登録できる。

 また登録画面では、デスクトップを監視する間隔をミリ秒単位で設定可能。表示されたダイアログを一応確認したい場合などは、間隔を長めに設定しておくとよいだろう。

 なお本ソフトは、タイトルバーの文字列でダイアログを識別しているため、別ソフトのダイアログでもタイトルバーの文字列が同一の場合、同じダイアログと見なされるので注意。また編集部で試用したところ、ダイアログ以外のウィンドウに表示されるボタンは登録できないようだ。




【著作権者】野田工房(野田 昌宏) 氏
【対応OS】Windows 98以降(編集部にてWindows 2000で動作確認)
【ソフト種別】フリーソフト
【バージョン】β(05/05/15)

□野田工房のホームページ 〜プログラム公開から活動紹介まで〜
http://www.urban.ne.jp/home/noda/

(長谷川 正太郎)
posted by hiroshi at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3823619

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。